3か月前には決めましょう

結婚指輪はおよそ11世紀ごろから結婚の際の儀式として普及するようになりました。
指輪のまるい形が永遠を象徴しており、婚約指輪で永遠の愛を誓い、結婚指輪で永遠の絆を結ぶという意味が込められています。
なぜ左手の薬指につけるかというと、古代エジプトの言い伝えでは、左手薬指の血管が直接心臓とつながっているとされていたからです。
他の説としては、教会が結婚指輪に祝福を与えるようになり、そのときに持たせた意味が、左手は信頼と服従を表し、薬指は愛情の印だったからとも言われていて、国によっては霊感が宿るという右手の薬指にはめるところもあります。

結婚指輪はいつ頃から探し始めると良いかというと、およそ4~6か月前から動く方が大半となっています。
3か月を切ると、式場探しやウェディングドレス選び、招待状作りなどで忙しくなるので、3か月前までには決めておいた方が良いでしょうね。

フルオーダーの結婚指輪だと、それだけ製作に時間がかかりますから、何事も余裕を持って注文しておいた方が良いですし、既製品のレディメードであっても刻印に時間がかかるので、買ったその場ですぐに持ち帰ることは出来ません。
ですから結婚を間近に控えて、慌てて結婚指輪を探すようなことはしないようにしましょう。.

多汗症治療 梅田
IKEA 通販を考えてみた
ジュリアオージェのあらゆる情報満載
買い物するなら楽天
Gooで欲しいもの見つかる

Copyright© 2011 Sample Hotel Tokyo All Rights Reserved.

〒163-8001 東京都新宿区西新宿48-500-11
電話:03-12345-12345(代表) FAX:03-12345-12345